茨木の音楽教室

講師紹介


講師紹介

たのいみき

Miki

ヴォーカルコース担当
大阪教育大学特別音楽課程卒業。関西を中心にジャズシンガーとしてライブで活躍。
管楽器演奏や声楽の造詣も深く、それによって築かれた腹式呼吸&発声法には定評がある。
ヤマハPMS、NHKりんくう文化センター等、各地で後進の指導に従事。
現在、Imagina music school校長。
 歌うことが好き。同じ思いの方は本当に沢山おられると思います。
でも人前で歌うことは、なぜか、そう簡単にはいきません。
声が思うように出ない、音程をとるのが難しい、そして何よりはずかしい!など、
いろんな悩みを抱えて歌う夢を未だ叶えずに過ごしておられる方が沢山おられます。
わたしは、歌うことの楽しさを、そんな方達とも共有していきたいと思っています。

仲原郁子nakahara

子供ピアノコース担当

こんにちは、仲原郁子です。
大阪教育大学 特別音楽課程 卒業
卒業後、某幼稚園でピアノの先生を数年。
子供が好きなので、自分の子供がすこし手がかからなくなった2010年から
Imaginaで子供ピアノの講師をやらせて頂く事になりました。
音楽のたのしさを、子供たちと一緒に感じていきたいです。
よろしくおねがいします。

バッファ岩永Iwanaga

ジャズピアノ サックスコース担当

こんにちは、サックスと、ジャズピアノのバッファ岩永です。
とにかく楽しく、一緒に音楽を楽しみましょう!
あなたと一緒ににサキスフォンで歌ったり、ピアノ(キーボード)で伴奏したり。
もちろん基本的な音楽知識のレクチャーも含め、あなたが音楽を楽しむサポートをさせていただきます。
楽しく、でも基本は大切に。
そんなレッスンを心がけています。

笠松聡也

ベースコース 音楽理論コース担当
toshiya_photo
 1969年生まれ、高校時代よりジャズに興味を持ち、18才でコンテンポラリーを研究し始め、25歳の時単身渡米しセッションを重ね、帰国後はニューオーリンズトラッドジャズバンドやファンクバンドへの参加など、Acoustic Bass, Electric Bassの両方で低音世界を駆け巡る。
 ユニットによっては、ギターやヴォーカル、また作詞、作曲やアレンジも担当し、映画音楽、ポップミュージックへの曲提供など活動はさまざま。また詩と短歌を愛し、日本語を話す日本文化圏の一人として、ジャズ音楽の意味と意義を探求する姿勢はおのずと彼の音を多面的にし、その視野に裏打ちされた「一音」の選択が形創る音世界の奥行きの広さとリアリズムを、表現の核としている。

 

 芸術は爆発だ。ぼくが尊敬する岡本太郎さんの有名な言葉です。
 彼はテレビに出演する度に、風変わりな、当時のぼくには意味不明なそぶりをしていました。小さかった僕は子供心に、彼の奇をてらうかのようなびっくりした表情をみて少し不快なくらいでしたが、長じて近年彼の著作を読んで、あの表情が、ある意味彼の啓蒙活動であったのではないかと思い当たり、とてもびっくりし、そして納得しました。
 なんだこれは!
 音楽を通じてそんな瞬間に出会えたらいいなと思います。そして、僕は前記の言葉を僕なりにアレンジさせてもらって、音楽は生活だ、と思っています。

笠松聡也 6strings BASS performance
『SMILE』
http://premiereclip.adobe.com/videos/9AWYfS-8_-X

参加CD作品
  96年 半野善弘 「Jellyfish moon」(フォーライフ)
  02年 出口煌玲 「Kohrey」(world stage)
  02年 TOMOMI 「Fresca」(Fresca record)
  04年 MITCH  「MITCH’S SECOND LINE」(FINE NOTES)
  05年 升本しのぶ 『ドキュメンタリー』(カゼノチカラ)